トレーニングウェアにトレンドカラーを採り入れよう

ダイエットや健康のためにランニングを始めようと思ったり、ジム通いを考えたりした時、服装のことも頭に入れましょう。Tシャツやダラダラしたスウェットではちょっと考えものです。ここは新品のトレーニングウェアを買って、少しでも継続するように気持ちを高ぶらせましょう。トレーニングウェアを選ぶ時は、自分の好みのものでも良いですが、最新のトレンドカラーを入れればファッション性もアップ。シャツ、パンツ、シューズどれか一つでも構いませんので、トレンドカラーを入れながらコーディネートすると、やる気もアップし、効果も出やすいでしょう。

トレンドカラーはワンポイントでもOK

トレンドカラーは毎年変わります。そのため全身をトレンドカラーで統一してしまうと、毎年新しいトレーニングウェアやシューズを新調しなければなりません。それよりもトレンドカラーをワンポイントで使うことで、おしゃれに演出できます。例えばシャツやパンツは好みの色を使い、リストバンドやキャップにトレンドカラーを用いれば、さりげなくコーディネートできます。無理してトレンドカラーを主張しなくても、ワンポイントで使うことで強調される場合もあります。

蛍光色は使い方次第でイメージアップ

若い人に人気の蛍光色は、スポーツをよりおしゃれに演出してくれるカラーです。しかしあまり使いすぎると逆効果。特に面積の大きいシャツなどに使うとかえって奇抜に見えます。そのため、シューズトップやリストバンドなどあまり目立ちすぎない部分に止めるようにします。また、配色にも気を配るようにします。蛍光イエローだったら、黒や紺など落ち着いた色の中で蛍光色の部分だけ際立つので、イメージアップにつながります。

白は組み合わせが自由自在

シンプルすぎたり、汚れが目立ちそうだったりして、意外と避けられるのが白です。しかし白は清潔感や健康をイメージさせ、白いトレーニングシャツは焼けた肌にはピッタリ似合います。しかもパンツやシューズ、キャップなどどの色とも組み合わせが自由にできるので、コーディネートにあまり手間がかかりません。上下白のトレーニングウェアも好感度アップが期待できます。ただし汚れていたり、黄ばんでいたりすると反対にイメージダウンになりますので、できるだけ白さを維持するようにしましょう。

まとめ

トレーニングウェアは、あくまで運動する時のスタイルですが、常にファッション性やトレンドを意識することで、日常のファッション感覚が磨かれます。スポーツをする時もオシャレにトレーニングウェアを着こなすことで、気持ちを高揚させ、それが持続性につながります。